2021/05/20

☆家事ラクアイテム 乾太くん☆

みなさんこんにちは!お久しぶりです🌱

丸亀スタジオ、コーディネーターの宮下です!

去年よりもだいぶ早めに梅雨がやって来ましたね☔️

雨が降ったり、急に晴れたり…天気がよめず洗濯がなかなか乾きませんよね💦

 

 

 

 

 

今日は、そんな梅雨に心強い味方「乾太くん」についてご紹介させて頂きます🙌

みなさん、Instagramなどで乾太くんについてご存知の方も多いとおもいますが、

「メリットばっかり書いてて、実際のところどうなの🤔??」といったご意見を頂くことが多いので、

今回は実際に私が使ってみた感想をお伝え出来たらなとおもいます🌼

 

 

 

 

 

今回ご紹介する乾太くんは、5kgのデラックスタイプです。

乾太くんには、様々なラインナップが用意されています。

まず、内容量には3kg、5kg、8kgとありますが、4人家族であれば5kgで充分かと思います!

 

 

 

 


そして、大きな違いがあるのが、デラックスタイプとスタンダードタイプです。

見た目にも大きな違いがありますが、家事をする上での違いとしては、ほこりをキャッチするフィルターの違いです。

 

 

 

 

 

▼スタンダードタイプ

 

 

 

 

 

 

 

▼デラックスタイプ

 

 

 

 

 

 

スタンダードタイプは、乾太くんの一番奥にフィルターがあり、デラックスタイプは扉を開けた裏側に付いています。

デラックスタイプのほうが、女性でも簡単に取り出せる位置にフィルターがあるので、お手入れも楽でオススメです✨

 

 

 

 

 


フィルターのお掃除は、2~3回に1回しています。

ワンタッチでカバーが外れ、中の黒いフィルターに付いているほこりを取ります。

頻繁にお掃除が必要ですが、紙フィルターなどの交換が必要な訳では無いので、そんなに苦ではありません☝️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは実際に使って行きましょう!!

洗濯したタオルを入れて、コースを選択します。

今回はタオルのみなので、「標準」に設定をしてスタートボタンを押します。

あとは乾燥するまでの約1時間待つだけです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

乾燥が終わるまでの間に、掃除や2回目の洗濯ができるのもいいところです◎

乾燥付きの全自動洗濯機の場合、洗濯+乾燥が終わるまでの間待つことしかできませんが、乾太くんの場合は同時に進行することができます。

乾燥されたタオルはふわっふわです🌈

生乾きの匂いもなく、乾いたものを畳んで収めるだけなので、本当に時短です^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


こんなに良いところばっかりで、デメリットはあるの?と聞かれますが、もちろんあります。

 

 

 

 

 


それは、タオルやお洋服の縮みです。

天日干しと比較すると、やっぱり縮みます。

実際に私は、パーカーを回して袖が縮んでしまいました😣💦

大切なお洋服はしっかり洗濯表示を見ることをオススメします!

冬場になるとニットなどを着ることも増え、洗えないものがでてくるので、カンタくんを導入したとしても、室内干しのランドリーパイプを脱衣室に取り付けておくと便利です🙆🏻‍♀️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、正直なところ柔軟剤の香りはほぼ飛びます!

擦ったりすれば匂いますが、天日干ししたときのようには匂いません。

なので、洗濯物に香りを付けたい場合は、香りビーズなどを入れて洗濯物することをオススメします!

 

 

 

 

 

このようなデメリットもありますが、天候や花粉、PM2.5などを気にせず洗濯できるので、本当に家事がラクになります!

お洋服が縮んでしまった経験もありますが、タオルや部屋着などの毎日使う消耗品がすぐ乾くというだけで、本当に満足です🥺💕

もちろん、ガスの使用量や施工費など他にも検討すべき内容や気になる点があると思うので、導入をご検討されている方は担当の設計士やコーディネーターに相談してみてくださいね🌷

 

 

 

 

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございました😊


次回のブログもお楽しみに✨

 

 

 

 

 

丸亀スタジオ コーディネーター

宮下 真美